2009/11/16
Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
2006/11/18
Saturday
23:28

『適当な』預金金利の相場観。

ゼロ金利解除で、預金金利が上昇することを庶民は学んだ。

 ここ10年間、ほぼ低利で据え置かれてきていた預金金利が上昇に転じています。
 ボクが銀行に入った頃(っても2年半前)は低利も低利。
 金利なんて「お情け」程度のモノだったことから考えれば、すごくビックリなこと。
 いやー、金利が上がる時代を体験できるんだなとワクワクしています。

しかし、よく考えてみるとそこまで預金金利って上がるもん?

 注:ここで言う預金金利は定期預金のことです。
 期間が長期にわたればわたるほど金利は上昇するというのは預金も債券も同じですね。
 ただ、期間が倍になれば金利も倍になるというのは、間違い。
 これは分かりますよね?
 長期になれば「グッ」と急上昇する曲線カーブを描くのが普通。(縦軸:金利、横軸:期間)
  
 と、言うことは短期(1年物、3年物)の金利の金利が上昇するには、
 同時に長期(10年物以上)の金利が「めっちゃ上昇」しないとダメ。
 その10年物金利を決定しているのが、10年国債の金利。
 国債って国の借金でしょ?
 それが仮に1%上昇するとすると、国の赤字国債が700兆円だから負担が1兆円増加するわけです。
 そんな、アホな決定がなされるとはとても思えない。
 (それなら同時にインフレターゲットをしないと、国が破綻する…。)
 つまり、短期金利が1%台に乗ってくるとは到底思えないってこと。

 なので、言うほど預金金利は上昇しないとボクは思うわけです。
 これから「預金金利は上昇するから」なんてのは、
 ウソじゃないけど、あなたが思っている程ではないよってのが真実になると思います。
 個人的な感覚(相場観)で言うと、短期預金金利は0.2〜0.5%ぐらいに軟着陸するんじゃないかな。
 いろいろ「キャンペーン金利」ってあると思うけど、あくまで一時的なもの。
 結局、落ち着くところに落ち着くってのがボクの予想。
 増やしたい人は『定期預金』なんかに預けず、他の運用先を考えましょうね。
alphonse3to4 | 金融 | comments(0) | trackbacks(3)
2009/11/16
Monday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | -
COMMENTS





TRACKBACK
TRACKBACK URL:http://alphonse3to4.jugem.jp/trackback/129

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/11/23 9:00 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/12/01 9:18 AM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006/12/03 9:41 AM