2009/11/16
Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
2007/02/10
Saturday
21:30

ヨシ刈りボランティア@近江八幡

ヨシ刈りボランティアに参加してきました!

 昨日、別府から滋賀の実家に帰ってきたのが夜中の12時半。
 楽しかった余韻もソコソコに、就寝 zzz

 さて翌日の土曜日。ボクはびわ湖のヨシ刈りボランティアに参加してきました!
 早起きして、仕事場の後輩をピックアップして、朝マック
 そして、行ったこともない作業場(某湖畔)を探して、車でウロウロ(^_^;)
 ま、なんとか時間内にたどり着いたんで、ヨカッタヨカッタ(*^_^*)

長靴履いて、上下は防水カッパ着用の完全武装。

 凄まじく休日の地域作業にいそしむオッサン姿です(笑)
 軍手して、湖畔に繁るヨシ(植物)を刈り取るための鎌を装備。
 こんな姿で都会を歩いたら、即逮捕だ…。

 仕事場の知り合いと共に、いざヨシ刈りがスタート!
 3M以上にも成長したヨシを根本からバッサバッサと刈り取るボク。
 結構、爽快(*^_^*)

 総勢200名以上の人間が一斉に作業をしたので、
 数百メートルに渡るヨシ群落が数時間であっという間にキレイに!
 この日はすごく天気が良くて、汗がダラダラ。
 日頃は冷や汗ばっかり(笑)なので、今日はいい汗かいたなぁと思います。
 こうやって、休みを有意義にボランティアをして過ごすのもいいもんです。
 体を動かした後の昼ご飯がウマカッタです。

びわ湖のヨシって何?

 ヨシはびわ湖の水質を浄化する効果のある環境保全にとって重要な植物。
 また外来魚(ブラックバス・ブルーギルなど)の襲来を受けている
 びわ湖の在来魚の産卵場所としてヨシ群生地は貴重な場所になっています。
 近年、その重要性を再認識し、ヨシ群落を育てようという機運が強まり、
 県内で今回のようなボランティア活動が盛んになってきています!

 ただ、ヨシは手入れをしなければ十分な効果を得られない面倒なところがあって、
 ヨシの発生・発育を進めるには、毎年ヨシを刈り取ったのち、
 他の植物の発生を防ぐために跡地を焼くなど、人手を加える必要があります。
 そうすることでヨシの新芽が新たに育ち、
 また環境によい効果を与えてくれるとのこと。
 ま、今回はそのお手伝いをしたわけです。なかなか貴重な経験でした(^o^)
alphonse3to4 | 仕事 | comments(0) | trackbacks(0)
2009/11/16
Monday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | -
COMMENTS





TRACKBACK
TRACKBACK URL:http://alphonse3to4.jugem.jp/trackback/181