2009/11/16
Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | -
2007/04/15
Sunday
07:55

先週の県議選の結果から見えるもの。

県議選の投票率は53・05%

 過去最低だった前回の49・96%を上回ったものの、過去2番目の低率。
 あれだけマスコミに取り上げられていたにも関わらず、
 県民の政治意識の低さは「相変わらず」といったところか(>_<)
 投票日は天気も良く、外へ出る確率としては高いと思ったんですけどね。

 ともかくこの数字から「これが県民の意見です!」
 な〜んて、大手振って言える結果じゃないんじゃない?
 これが投票率から感じたボクの感想ですね。

「対話の会」というローカル・パーティーの躍進と自民の過半数割れ。

 滋賀県議選(定数47)は、昨年7月に当選した嘉田由紀子知事を支援する
 「対話でつなごう滋賀の会」が0から4へ躍進。(推薦はもっと多い。)
 民主は11から13へ、共産は2から3へ伸ばしました。

 一方、嘉田知事と対抗する自民は16議席と選挙前の27議席から大きく後退。
 共同歩調をとる公明の2と合わせても過半数には届かないことになり、
 議会運営はこれまでのように「強気」ではいけない見通しが強いですね。
 
 これで滋賀県は変わるのでしょうか?つーか、変わってくれないと困りますよ。
 選挙行った人がバカにみないような、県政を議員さんがしてくれることを願うし、
 それを県民もきちっと把握していかないといけないんですよね。難しいけど。
alphonse3to4 | 第1の故郷「滋賀・京都」 | comments(0) | trackbacks(0)
2009/11/16
Monday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | - | -
COMMENTS





TRACKBACK
TRACKBACK URL:http://alphonse3to4.jugem.jp/trackback/230